カテゴリー

作品紹介

メディアアート卒業生による海外放流紀5~ドイツドッセルドルフ前編~

前回までケルンに滞在していましたが今回はドュッセルドルフのお話です。 >> Details

4㎡=120%

メデャイアート芸祭特別企画  2013.11.2.3 9:00-18:00 room2(研心館1階) メディアアート分野在学生13名が2m×2mという限られた空間で思い思いの作品を作り上げ展示する展覧会「4㎡」趣味も性格もバラバラで芸大らしいこゆーい作品が集まります。 >> Details

押忍!pray

山本直樹 Exhibition 『押忍!プレイ』 2013.10/15-21 12:00-18:00 closed 10.21 Performance 10.15,25,26 >> Details

金澤麻由子展 -ひつじのうた-

金澤麻由子展 ーひつじのうたー 場所:新生堂ギャラリー(表参道) 日時:2013年10月23日(水)~11月8日(金) 午前11時~午後6時まで(最終日は午後5時 閉廊) 日曜 >> Details

動き動かし動かされ展

  インタラクティブインスタレーション展 2013年10月8日(火)〜12(土)12:00~18:00 京都嵯峨芸術大学 研心館1F  メディアアートアトリエroom2 >> Details

瀬戸内国際芸術祭2013夏合宿 京都嵯峨芸術大学MEDIA ART

今年は瀬戸内国際芸術祭の高松市内と豊島の作品巡りに行ってきました。 メディアアート学生5人と松本先生との、とても思い出に残る楽しい旅行でした! 私が絶対見ておきたかったのは豊島にある豊島美術館でした。 床のいたるところから水が湧きだし「泉」が誕生する作品。 反響する自然の音を聞きながら寝転がり、静かに中心に集まっていく水の玉を じっと見つめていると、なんとも言いがたい不思議な気持ちになりました。 豊島内にある「海のレストラン」で海を眺めながら食べるご飯は最高でしたし、 「いちご屋」のいちごかき氷も絶品でした~もう一回食べたい! 松本先生やメディアの仲間と一緒に学生生活最後の旅行に行けて本当によかったです。 メディアアート4回   山下 >> Details

Loop  増田貴文 三城果未 二人展

「Loop」 廻り廻る 肉体 意識 感覚… 2013.9.23 -28 >> Details

メディアアート作品展 「OUT」 メディアアートの学生達による最新作品展です。 日時:2013.6.16 9:00~16:00 場所:メディアアート工房 ROOM2 「1ビット」神野春奈 「ふたつとない景色」木俵元穀 「ふかふかすーつ」山下七海 「軌跡」福井孝騎 「存在」遠藤梨穂 >> Details

Exhibition ROOM2  on8 倉山裕昭 作品展 6月7日(金)午後1時から アーティストトークを開催します。 >> Details

EVENT HORIZON LIVE PERFORMANCE https://www.youtube.com/watch?v=p_4ZQKlQA5c 安喜正紀の個展「EVENT HORIZON」映像インスタレーションの特別企画として開催された、ダンサー7人によるライブパフォーマンスの記録です。 ダンサーの身体によって撮影された映像によるインスタレーションの中でダンサー達が踊ります。「EVENT >> Details

EVENT HORIZON

映像インスタレーション 安喜正紀個展 2013年4月16日(火)-20日(土)12:00-18:00 特別公開(映像+パフォーマンス) 2013年4月27日(土)、28日(日)10:00-17:00 パフォーマンス 11:00-11:30,13:30-14:00 京都嵯峨芸術大学 研心館1階メディアアート工房ROOM2  安喜正紀 '10年京都嵯峨芸術大学メディアアート学科卒業。主にパフォーマンス取り入れた映像作品を中心に制作活動を行っている。 在学中から、暴力をテーマにした「マイク」や、同じく暴力がテーマの「BOXING >> Details

2013年2月卒業制作展

溜 荒坂沙織 水溜まりの中に入る作品を制作しました。 離れた場所にある水たまりを模したモニターを観客が触ると きれいなリボンに覆われたインスタレーションが木漏れ日のような映像を結びます。。   A neighbour is than a relative living far 井上亜耶 自身の経験を医療の現場を通して表現することに挑戦しました。 全身包帯でできたウエディングドレスですが、 ただ美しいだけにとどまらないものとなっています。 >> Details

FLOOR PROJECT

メディアアート企画展(大学祭特別企画) FLPPR PROJECT 2012年11月3,4日(土、日)10am~6pm 京都嵯峨芸術大学と大阪電気通信大学とのコラボ展示です。 5m X 7m の床にインタラクティブな映像が投影されています。 4チームの作品が出来ました。どうぞ体験におこしください。    衝動 氷の上を歩くように床が割れてゆきます。おもわず、足を踏み鳴らし、走り回ってしまいます。 skywalk with >> Details

I know 園佳代子 個展

sono::::::: I know 振り返ってはいけないと、だれが言ったの? 私はしっている。 映像インスタレーション 園 佳代子 個展  メディアデザイン学科メディアアート領域4回生 11月6日(火) – 11月9日(金) 12:00 – 18:00 京都嵯峨芸術大学 研心館1F「メディアアートアトリエ >> Details

キュピキュピライブ記録上映会

『room2 シアタープロジェクト』第2弾 キュピキュピ高知公演記録映像 特別公開です。 2012年3月に行われた、高知県立美術館のライブ「アトメスッパイ」の記録映像です。開催日が30日に変更になりました。 10月30日(火)17:00〜19:00 本学A棟1階メディアアート工房room2 上演後、江村先生を囲んでパーティーします。 入場無料!!ボーダー着て来てね!!!! >> Details

2012大地の芸術祭(新潟越後妻有)合宿レポート

レインボーハウス 私は、新潟の合宿に行って、関口恒男さんの越後妻有レインボーハット2012が印象に残りました。 初めてこの作品を外から見た時はデコボコしていてテントのように見え、何かの遊具かな?大きいなと感じました。 中に入ると、真ん中が吹き抜けになっており、イメージはアフリカ等の民族的な空間のようでした。真ん中に複数の大きなすり鉢があり、その中に水と三角形の鏡が入っていました。 それに太陽光が反射して壁に虹が浮き上がって虹が綺麗だと感じました。 すり鉢には手を入れることが可能で、手を入れた事によって水が揺れて波紋が現れ光で反射した壁の虹も動きとても面白かったです。 また、周りの壁にいくつかヘッドフォンがぶら下げられており中からは民族音楽のような軽快でリズムの良い音楽が流れていました。 普段、空に映った虹しか見ないので近くで虹を見るのは面白かったです。 他の鑑賞者の方々もすり鉢の水に触ってみたり、虹の映った壁を興味深く触ったりとても楽しそうでした。 すり鉢の水の動かし方や時間、天気で虹の動きや色の濃さが違うので飽きのこない面白い作品だと思いました。メディアデザイン 3回生 >> Details

ファンタスマゴリア 金澤麻由子

横浜市民ギャラリーで金澤麻由子さんの展覧会が開催されます。本学メディアアート工房room2のこけら落としで発表された「Sweet Home」や、今年スパイラルガーデン/表参道のKawaii+大賞でグランプリを受賞した「巣ーNestー」等、インタラクティブな作品や最近出版された絵本「てんからのおくりもの」他、在学中の作品も展示されます。そして待望の新作「時の間ーInterval on >> Details

金澤麻由子さんの絵本「てんからのおくりもの」が出版されました。

金澤麻由子さん(本学メディアアート分野卒業生)の絵本が出版されました。 「おおしま国際手づくり絵本コンクール2011」(射水市大島絵本館)で最優秀賞・文部科学大臣賞に選ばれた「きみのいる家」が、このたび、「てんからのおくりもの」として出版されました。 —-母親からはぐれた子鹿と偶然であった白色のテンとが同じ住み家でひと冬を過ごす物語。互いに心を通じ合わせるようになり、「思い合うこと」をテーマにしている。(朝日新聞2011.8.21)— 金澤さん待望の絵本作品の出版になりました。 新作も準備中だそうです。    まだ一般書店では買えませんが、射水市大島絵本館と9月28日から開催される彼女の展覧会「動く絵、描かれる時間:ファンタスマゴリア」展、横浜市民ギャラリーの会場でも購入できます。   てんからのおくりもの 作:かなざわまゆこ ISBN978-4-9906586-0-1 CO771¥1200E 定価1200円+税 発行:射水市大島絵本館   射水市大島絵本館 >> Details

「何が見える」福井 孝騎 ・岡本 亮

「何が見える」展示期間 6/4~6/10 8:30~18:00 制作者:メディアアート分野/二回生/福井孝騎・岡本亮   概要 「普段意識することのない、粒子。それらを具象、可視化した作品。ストロボライトを使う事で、粒子が物質、空間を形成する瞬間を再現したもので、その意味合いはみる者によって違い、わずかな時間で表情は移り変わる。」   使用機材 テグス、鉛、ストロボライト   >> Details

FORWARD展

Forward/フォワード展ーメディアアート作品学生選抜展ー 2012年4月19日~4月23日 メディアは、何かを表現するための技法や素材、そして道具です。メディアアートは芸術を表現するための絵画や彫刻等の伝統的な技法から現代のコンピュータまで表現に必要な手法のすべてを用います。絵画、立体、イラストレーション、写真、映像、アニメーション、CG、サウンド、パフォーマンス、インスタレーション、そしてセンサー技術や、インターネットの利用、さらにそれらを自由に組み合わせた表現をとおして、まだ誰も見た事のない芸術を生み出してゆきます。Forward/フォワード展では、2012年2月に開催された本学制作展の発表作品の中から特に興味深い作品を紹介します。Forward/フォワードは攻撃の最前線で戦う選手のポジションを意味します。メディアアートは芸術が本来持っている最も重要な使命としての新しい表現の開拓を目指します。失敗を恐れないで新しい世界に踏み出してゆく学生達の挑戦の記録です。 >> Details