カテゴリー

作品紹介

内緒

メディアアート4回生外東望美個展 全て自撮りによる映像作品です。 >> Details

Blak Box Echo

デザイン学科2回生のプロジェクションマッピング作品展です。 >> Details

マイナスの吐息

塚原拓海  吉森圭太   6/10fri – 19sun  12:00 – 18:00 メディアアート工房ROOM2 インタラクティブインスタレーション展 >> Details

DAS SCHLOSS<城>

DAS SCHLOSS<城> ー予め失われた真理のために 人長果月|二瓶 晃   二瓶先生と人長先生による新作です。 フランツ・カフカの<城>をモチーフに展開される マルチメディア・インスタレーションです。   2016年5月10日(火)-5月21日(土) 12:00ー19:00(日曜日・最終日-18:00) 月曜休廊   ギャラリー16/galerie 16 住所:〒605-0021 京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 戸川ビル3F 3F Togawa Bldg, Sekisen in cho,Sanjoi Shirakawabashi-Agaru, >> Details

0点満点

外東望美 個展 2016.04.24~4.30 open/13:00~17:00(4/24 9:00~17:00) 京都嵯峨藝術大学 研心館1F room2 >> Details

ニッポンのニッポン ヘルムートシュミット

京都dddギャラリー第205回企画展「ニッポンのニッポン ヘルムートシュミット」を見学しました。 偶然、シュミットさんとお会いすることができ一同感激!美しい展示とシュミットさんの人柄にふれることができた、貴重な体験になりました。   >> Details

現代美術の再現と再制作

2014.10.7-10.12 12:00-18:00 /last day12:00-16:00     吉森 圭太    李 禹煥 篠田 涼介   レベッカ・ホルン 許 華偉    ミラン・グライガー 石野 誠也   フェリックス・ゴンザレス・トレス 増井 巧   トーマス・ルフ 倉橋 樹   トム・フリードマン 塚原 拓海  アルヴィン・ルシエ 京都嵯峨芸術大学 大学附属ギャラリー アートスペース嵯峨 研心館1F Room2(メディアアートアトリエ) 京都嵯峨芸術大学 >> Details

「芸術の力-篠原猛史展」ドローイング・パフォーマンス記録

京都嵯峨芸術大学附属ギャラリーで開催中の「芸術の力-篠原猛史展」の関連ワークショップの記録です。 6/24(火) 午後4:00~ ギャラリー前のホワイエにて行われました。         >> Details

詩人と声と海

a Poet, Voice and the See 意味を剥ぎ取られた言葉は波を作り、深い海になる。   岡本 亮 塚原 拓海   2014年5月23日(金)-31日(土) 12:00~18:00 日曜日休み   メディアアート工房room2   メディアアート4回生 岡本亮と2回生 塚原拓海のコラボレーションによる メディアアートインスタレーション作品です。 >> Details

ものかたり 遠藤梨穂個展

今春卒業した遠藤梨穂さんの初個展です。 卒業制作で取り組んだプロジェクションマッピングの技法を用いた新作です。 純白のウエディングドレスに映像を投影したインスタレーションです。 アーティストトークを4月22日(火)3時と4時に行います。 最終日4月27日(日)午前11時と午後1時にパフォーマンスも行われます。 パフォーマンス2014.4.27(撮影:福井 孝騎) >> Details

21グラムのゆくえ

福井です。   今日は展示のお知らせです。 去年の神戸ビエンナーレで展示をした際にお声かけいただき、今回は GALLERYはねうさぎさんで展示させていただけることとなりました。 グループ展で、写真を使った平面インスタレーションを、展示いたします。 お時間ありましたら、ぜひ御高覧ください。   人が死ぬと体重が21グラム減るという。それが魂の重みなのだろうか。   >> Details

チャレンジ徳島芸術祭2014及び受賞者発表展報告

海外放流記でおなじみの植田です。 先日、チャレンジ徳島芸術祭2014及び受賞者発表展に出展しましたのでそれの報告をさせていただきます。   タイトル「∵ゆるキャラ∴」 作品概要 ゆるキャラは地域のPRの為に作られた、未来への希望である。もし、ゆるキャラに個々の意思があるとしたら、彼らは何故ゆるキャラになるのだろうか。 宗谷茜(ムネヤアカネ)は、京都嵯峨芸術大学メディアデザイン学科卒業生、 大西葵(イラスト)+植田崇裕(メディアアート)の新しいユニットです。            >> Details

動く絵 金澤麻由子展 

ヤマザキマザック美術館で好評開催中 2014年1月5日~3月30日 http://www.mazak-art.com/ http://www.mayuart.com/index.html   本学メディアアート卒業生の金澤由美子さんの展覧会が、 名古屋のヤマザキマザック美術館で開催中です。 インタラクティブインスタレーションを中心に今までの彼女の作品を展示しています。 連日、子ども達をはじめ多くの観客の皆さんに楽しんでいただいています。 本学メディアアートストゥディオROOM2の個展でも発表された Polyphonic >> Details

Metamorphoses 人長果月

  京都府美術工芸新鋭展にて日本経済新聞社賞受賞 2014年1月25日(土)~2月9日(日) 京都文化博物館 人長先生の新作です。 2台の60インチモニターとハーフミラーを使ったインタラクティブインスタレーションです。 装置の前に立ち、ヘッドホーンを装着して鑑賞します。 >> Details

「∵ゆるキャラ∴」宗谷茜(ムネヤアカネ)

チャレンジ奨励賞受賞 徳島県立美術館の企画展 「フリースペース チャレンジとくしま芸術祭 >> Details

卒制速報

いよいよ制作展が迫ってきました。 メディアアート10期生達の卒業制作速報です。 京都嵯峨芸術大学 第42回制作展は、 2014年,2月,5日(水)-9日(日) 京都市立美術館にて開催されます。     A E110014 木俵 元毅 kidawara genki    B タイトル: [ Conflict ]   C インスタレーション 写真3点 フィギア1000体 400W 200D 210H   D コメント: >> Details

「ART-ENVIRONMENT-LIFE」

こんにちは。13年卒業の園です。   10周年のYCAM。 2013年11月、坂本龍一「ART-ENVIRONMENT-LIFE」を観覧しました。   10周年テーマは アート 環境 ライフ 。 館内には3作品 水 森 空 。   「 water state1 >> Details

あいちトリエンナーレ

 皆さんこんにちわ。13年卒の山本です。今回あいちトリエンナーレに行ってきたのでそちらを紹介したいとおもいます。    あいちトリエンナーレ。ご存知3年に一度名古屋で行われる芸術祭です。今回のテーマは『揺れる大地 我々はどこに立っているのか』というものです。東日本大震災を受けての作品がいくつかありました。 >> Details

play

『Play』 作品は音そのものであり、作曲であり、楽器であり、おもちゃでもあるかもしれない、そんな展示会です。 Ryo Okamoto (造形学科 メディアアート3回生) 「Material player」 Tsukahara Takumi (造形学科 メディアアート1回生) 「『詩』の死は詩人となり得るか」 Maeda Maki (短大 現代アート 平成25年度卒業生) 「trick」 Noda Sayako (短大 現代アート 平成25年度卒業生) 「    」 Nihei Akane (短大 現代アート >> Details

福井考騎個展 PORTRAITS

「表情。 人を認識するための大切な要素。 それが消えてしまったら、 その人はその人で、 いられるのだろうか。 こちらを見つめる、  見えない顔に、 私たちは何をおもうだろう。 こちらを見つめる、 見えない顔に、 私たちは何をおもうだろう。」 >> Details